お知らせ

令和元年6月6日 FMいちのみや 第39回放送

投稿日:

令和元年6月6日 12:45~13:00

FMいちのみや 76.5FM『ほっくほくラジオ』の放送がありました!

いままでご説明した内容を振り返りながら『不動産売却の流れ』をお伝えしております!!

先週の内容を振り返りながら、「⑦お引渡し準備」から「⑧お引きし・所有権移転」までの流れをお伝えいたしました。

⑦お引渡し準備

売買契約の内容や物件によって準備は変わってきます。

一般的に土地であれば確定測量、畑や倉庫利用地であれば残置物の撤去、住んでいらっしゃるご自宅であればお引越し、古家付の土地であれば古家の解体などこのタイミングで行っていきます。

こういった内容をお聞きすると「手間だな…」と思われますよね。北斗であれば準備をお手伝いいたします。提携している測量会社や解体業者、引越し業者などご紹介・手配することも出来ますのでご安心ください。

⑧お引渡し・所有権移転

売主様・買主様・北斗と登記の移転を担当する司法書士立会いのもと、最終の手続きを行います。

所有権移転登記をするために必要な、権利書や印鑑証明書の確認、売主様・買主様の意思確認・本人確認を司法書士の先生にしていただき、登記に必要な書類にご署名・ご捺印をおこなっていただきます。

その後、売買代金の授受を行います。

昨今、地面師の問題がありましたよね。第三者が売主になりすまし土地を売ってしまったという事件です。この時は、この本人確認や書類確認に不備があり、大きな問題となりました。その為、非常に重要な手続きです

不動産の売買代金はとても高額ですので、一般的には金融機関で場所をお借りして、お振込みにて売買代金の授受を行うケースが多いです。そのため、先ほどお伝えした所有権移転登記は法務局にて・売買代金の授受は銀行にて行いますので、必ず平日に行う必要があります。

売買代金の授受と所有権移転登記は同日に行う必要があります。所有権移転登記をしたのに売買代金を受け取れなかった。売買代金を支払ったのに、所有権移転登記を移転してくれない。など起きたらいけないですからね。

このお引渡しの際、戸建・マンションであれば鍵や設備の取扱説明書、管理規約、土地であれば測量図など引継ぎ資料を売主様から買主様へお渡ししていただき、売主様の手続きは完了となります。

北斗はこれらの流れをすべてサポートしていきます!

ここでお忘れなく!!不動産を売却した翌年に、不動産売却で受け取られた代金は所得となります。
不動産を売却した際は、翌年に確定申告をして下さい。

 

今回で、不動産事業部からの『ほっくほくラジオ』は最後になります!!

皆様に不動産の事を知っていただければと思い話してきました。

ラジオを通し北斗に興味を持っていただけましたら、是非お気軽にお問合せ下さい!!

安心・安全な不動産売買をお手伝いいたします!!!

 

次回からの『ほっくほくラジオ』は外構事業部が、外構・エクステリアについてお伝えしてまいります!!

是非お聞きください!!

【FMいちのみや facebookページ】

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2272113306338411&set=a.1378886288994455&type=3&theater

㈱北斗 不動産事業部 小川将平
<一宮市、及び尾張地域の不動産に関する相談は北斗までお気軽にどうぞ!>

-お知らせ

Copyright© 一宮市で不動産、不動産売却、不動産買取ならホクトハウジング , 2019 All Rights Reserved.